島図鑑 ラナイ島|専門の担当者が迅速かつ丁寧にお客様のハワイ旅行をサポート致します。

30周年記念
ツイート

セレブが愛する、ハイダウェイ ラナイ島 セレブが愛する、ハイダウェイ ラナイ島

かつては島の1/5がパイナップル畑であり、「パイナップルアイランド」と呼ばれていたこともあるラナイ島。現在は、ドラマティックな自然を堪能できる隠れ家リゾートとして、世界中のセレブリティが訪れています。

ラナイ島の魅力

ラナイ空港から車で
  1. ラナイシティまで10分
  2. マネレベイまで25分
  3. カイオロヒア(シッブレックビーチ)まで1時間40分
※交通状況により変動します。

ラナイ島の基本情報を見る

年間100万個以上のパイナップルを出荷していたというパイナップルアイランド、ラナイ島。その当時の面影をラナイ唯一の町ラナイ・シティにわずかに残しながら、現在はワンランク上のラグジュアリーリゾートアイランドに変貌。島の南部フロポエ湾に面して建つ「フォーシーズンズリゾート ラナイ アット マネレ ベイ」、標高480mの丘の上に佇む「フォーシーズンズリゾート ラナイ ロッジ アット コエレ」の趣の異なる2つのリゾートに滞在しながら、 ゴルフや観光などをゆったりと楽しめます。
荒涼とした大地に巨石が転がる「ケアヒアカウェロ(神々の庭園)」、美しい景色が広がる「マンロートレイル」寂寞とした「ポリフアビーチ」など、人の喧騒を忘れた手つかずの自然を随所に見受けることが。

マウイ島の観光スポット

手つかずの自然が残るラナイ島には、自然のパワーと静寂を感じるスポットがあります。ぜひ訪れて欲しい、おすすめの観光スポットをご紹介。

ケアヒアカヴェロ(ガーデン・オブ・ザ・ゴッド) Garden of the Gods

ポイント
  • 巨大な奇岩が立ち並ぶ、神秘的なスポット
  • サンセットはとてもドラマティックな光景が広がります
  • 天気の良い日にはモロカイ島やオアフ島を眺められることも
  • ダートの先にあるため4WDでのみ向かうことができます

ラナイ島随一の観光スポット、ケアヒアカヴェロ。「神々の庭園」と呼ばれる荒涼とした赤茶色の大地には巨大な岩が無数に立ち並んでいて圧巻。夕陽が荒野を赤く染めていく、サンセットは神秘的で見応えがあります。
この地の植物をラナイ島のカフナ(神官)がモロカイ島のカフナとの争いで燃やし続けたために、不毛の地となったという伝説が残されています。
数多の石が転がっていますが、石を動かしたり重ねたりすることは禁止事項になっているので気を付けてください。また、未舗装の道路を走ることになるため、レンタカーをする場合は4WDを利用します。

ケアヒアカヴェロ(ガーデン・オブ・ザ・ゴッド)

ケアヒアカヴェロ(ガーデン・オブ・ザ・ゴッド)への行き方

【車】ラナイ・シティより約45分

カイオロヒア(シップレック・ビーチ)Shipwreck Beach

ポイント
  • 「シップレック・ビーチ(難破海岸)」という名を持つビーチ
  • 1940年代のタンカーがぼんやりと沖合に浮かぶ奇妙な光景
  • 流木や貝殻など海岸には漂着物がたくさん打ち上げられています
  • モロカイ島やマウイ島を見晴らすことも

ハワイ語で”静かな海”という意味のカイオロヒア湾に面した「シップレック・ビーチ(難破海岸)」は、約13km続く風の強いビーチ。この辺りは岩の多い 浅い海峡で、かつて多くの船が座礁したことからこの呼び名が付けられました。現在も、朽ち果てた石油タンカーが沖合に残されています。
海水浴には向いていませんが、流木などの漂着物が多いので、散策やビーチコーミングには最適。モロカイ島やマウイ島を見晴らす絶好のビュースポットです。
シープレック・ビーチへはオフロードを走るため、レンタカーをする場合は4WDを利用します。

カイオロヒア(シップレック・ビーチ)Shipwreck Beach

カイオロヒア(シップレック・ビーチ)への行き方

【車】ラナイ・シティより約30分

プウ・ペヘ(スイートハート・ロック)Puu Pehe

ポイント
  • ラナイ島のランドマークと言われる観光スポット
  • 美少女プウ・ペペと若き戦士マカケハウの悲恋伝説が残されています
  • ここから臨むフロポエ湾のサンセットは絶景
  • 沖合を過ぎるハシナガイルカを見かけることも

島の南部にあるフロポエビーチの岩だらけのハイキングコースの先に見えるプウ・ペヘ(スイートハート・ロック)。フロポエ湾とマネレ湾の間に突き出た、サンセットの夕景が美しい24mのこの岩には悲恋伝説が残されています。
ラナイ島の戦士マカケハウは美しき妻プウ・ペペを人の目に触れないよう、マネレの崖の下にある海食洞に秘し隠しました。けれども嵐によってプウ・ペペは絶息。その死を嘆いたマカケハウは妻を岩の上に埋葬し、岩の上から身を投げました──。

プウ・ペヘ(スイートハート・ロック)

プウ・ペヘ(スイートハート・ロック)への行き方

【徒歩】フロポエ湾より約20分

ラナイ・シティ Lanai City

ポイント
  • 1900年初頭に誕生したプランテーションの町
  • ラナイ島唯一の島でレストランや公共施設などが立ち並んでいます
  • 町の中心にあるドールパークはピクニックや散歩にぴったり
  • ラナイ島の歴史に触れられるスポットが点在

1900年初頭、標高約500mの中央部高地にパイナップル農園で働く労働者のためにドール社が開発したプランテーションの町。花と緑豊かなドールパークを中心に碁盤の目のように広がっているのが特徴です。
島民のほとんどが住むラナイ島唯一の町で、レストランやカフェ、バー、マーケット、ギャラリーなどが揃います。約100年前の建物を利用したショップもあ り、ノスタルジックな趣。プランテーション時代の写真やペトログリフが飾られた「ラナイ・カルチャー&ヘリテージ・センター」ではラナイ島の歴史を知るこ とができます。
高台のため島の他の地域と比べて涼しいので過ごしやすい環境です。

ラナイ・シティ Lanai City

ラナイ・シティへの行き方

【車】ラナイ空港より約10分

マンロー・トレイル Munro Trail

ポイント
  • ラナイ・ハレ山の尾根を走るダートロード
  • その名は自然学者のジョージ・マンローから付けられました
  • ハワイ島、マウイ島、オアフ島などを見晴らす絶景
  • 車1台分の幅しかない道なので運転テクニックが必要

クック・パイン・ツリー(ノーフォーク松)を持ち込んだ、自然学者ジョージ・マンローの名が付けられたトレイル。クック・パイン・ツリーをはじめ、オヒア・レフア、鉄樹、ユーカリなどの植物が生い茂り、ハワイ特有の動物の姿も。
標高約490mの高地で、展望ポイントからはマウイ島、モロカイ島、カホオラヴェ島、ハワイ島、オアフ島とハワイ諸島を一望。
20㎞ほどの一車線の道ですがワイルドなダートロードで、車での走行でも2時間~3時間かかります。ドライブする場合は4WDを利用します。また、雨の後は道がぬかるんでいることもあるので、避けたほうが無難です。

マンロー・トレイル Munro Trail

マンロー・トレイルへの行き方

【車】ラナイシティより北へ約10分

フロポエ湾 Hulopoe Bay

ポイント
  • 全米ベスト・ビーチに 選ばれたことのあるフロポエビーチ
  • フロポエ湾の東端には探索にぴったりな大きな潮だまりが
  • 熱帯魚やイルカやクジラを見かけることができる自然保護区域
  • ダイビング&シュノーケリングスポットとして人気

ラナイ島南部、「フォー・シーズンズ・リゾート・ラナイ・アット・マネレ・ベイ」に面したフロポエ湾。澄んだブルーの海と白砂の美しいフロポエビーチは、「ビーチ博士」スティーブン・レザーマン博士に全米ベストビーチに選ばれたことも。
湾の東側には火山岩が侵食されてできた天然の潮だまりがあります。ヤドカリ、ヒトデなどの生物が生息しており、小さな探検を愉しみ事ができます。また、自然保護区域に指定されており、美しい熱帯魚やハシナガイルカや冬にはザトウクジラを見かけることも。
潮だまりから15分ほど歩いた先に、プウ・ペヘ(スイートハート・ロック)があります。

フロポエ湾 Hulopoe Bay

フロポエ湾への行き方

【車】ラナイ空港より約20分

ポリフア・ビーチ

ポイント
  • ひと気のない砂浜が3㎞ほど続く静寂のビーチ
  • 絶滅危惧種のハワイアオウミガメを見られるスポット
  • 冬にはザトウクジラを見かけることも
  • 潮流が強いため遊泳禁止

ケアヒアカヴェロ(ガーデン・オブ・ザ・ゴッド)から30分ほどの場所にあるポリフア・ビーチは、手つかずの自然が残るひと気のほとんどないビーチです。 静寂の中、沖合にモロカイ島を望むことができます。潮流が激しいため遊泳は禁止。強い風によってだだっ広い砂浜に美しい風紋が描かれています。
このビーチには絶滅危惧種と言われるハワイアオウミガメやハワイアンモンクシール(アザラシ)を見かけることがあります。触ることはNGなので気を付けてください。また、冬季になるとザトウクジラの姿が見られることも。
かなりの悪路を走るため、レンタカーをする場合は4WDを利用します。

ポリフア・ビーチ Polihua Beach

ポリフア・ビーチへの行き方

【車】ラナイ・シティより約75分

カネプウ自然保護区 Kanepuu Preserve

ポイント
  • ラナイ島最後の乾燥森林地帯
  • この地特有の植物種を含む50種近い植物が自生
  • 自然保護区の地図を片手に森林散策を楽しめます
  • 希少な生態系をじっくりと観察することができます

ケアヒアカヴェロ(ガーデン・オブ・ザ・ゴッド)に隣接する、2.39平方キロメートルの乾燥森林地帯。ラマ(黒檀の一種)やイリアヒ(白檀)、オロプ ア、アイエアなどをはじめ、この地特有の植物種や樹木を含む48種が自生しており、環境保護団体が保全活動を行っています。かつてのハワイ諸島のほとんど の乾燥低地がこの森林に覆われていたと言われています。
自然保護区内は自由に散策することができるので、ハイキングや森林浴にぴったり。入口で保護区内の地図を入手して思い思いに散策を。
ケアヒアカヴェロ同様、未舗装の道路を走るのでレンタカーの場合は4WDを利用します。

カネプウ自然保護区への行き方

【車】ラナイ・シティより約20分

ラナイ島の人気ホテル

行き来できる、2つのフォーシーズンズでラグジュアリーステイ。ラナイシティにもノスタルジックな趣のホテルがあります。

人気ホテルを見る

ラナイ島の基本情報

面積/人口 364 km2/3,193人
主要市街地 ラナイ・シティ
気候 他の島に比べて乾燥していて、年間降水量は約940mm。標高の高いラナイ・シティは平均気温21℃~30℃。
島内交通 島内の主要スポットへはシャトルバスが運行。公共機関はないため、レンタカーもあると便利。
ラナイ島へのアクセス方法 ホノルル国際空港からラナイ空港までのフライトを利用。所要時間約30分。
ハワイ島、マウイ島、モロカイ島よりラナイ空港へのフライトあり。
マウイ島ラハイナ港よりラナイ島マネレ港まで1日5往復フェリーが運航。
航空会社 ハワイアン航空、アイランドエアー

ラナイ島ツアー

ハワイのすべてを楽しめる島 ラナイ島へ行ってみませんか

情報を集めたら、あとはハワイへ向かうだけ。
ファーストワイズなら旅行のアレンジを自由自在、まずは、気になるツアーを見つけて、お問い合わせください。

ラナイ島のツアー検索

ホテルランクで検索する
価格帯から検索する

ハワイの他の島はこちらから

お問い合わせ

こんな旅がしたい!ご希望をお聞かせください

ご旅行のイメージを教えていただければ、ハワイ旅行のプロがおススメの島をご案内いたします。
専属の担当制なので一人のスタッフが、ずっとお客様のことを考えてご提案いたします。ご案内したツアーに対する感想・ご要望をどんどんおっしゃっていただければ、よりご希望にあうツアーにアレンジいたします。

お電話でのお問い合わせはこちら
0120-101-747 携帯電話PHSからもご利用いただけます
受付時間:月~金10:00~18:30 土日祝10:00~15:00
メールでのお問い合わせはこちら
お問い合わせフォーム


ラナイ島
ツアー検索

© 2014 747 Enterprise Co., Ltd. All Rights Reserved.